意外と答えられないwatch,look,seeの違い

英語

英語を勉強中の中学生か高校生にlookとseeとwatchの違いを聞かれたとしましょう。

その時に、何と答えますか?全部「見る」だよ!と答えますかね?笑。場合によってはそれでも良いと思います。

しかし、同意義の単語と言っても意味には若干の差異があるのです。その違いについて説明していきます。

スポンサーリンク

watch

watchは変化のあるものに対して、集中して見る、注視するの意味があります。したがって、動かないものには用いません。例えば、

 We watched as the crowd went by.(私たちは人混みが通り過ぎるのを見た。)

 Watch the curry as it cooks. (カレーを見ておいて。)

てな感じです。

スポンサーリンク

look

lookは何かを意識的に注意深く見る、注視するの意味です。watchと少し似ているように思われますが、意識的に見るという意味がlookにはあります。例えば

 Look at oneself in a mirror.(鏡で自分の姿を見る。)

 Look at this picture. (この図を見て。)

のように使います。また、lookは

 look at, look down, look for, look to 

など使い方が多いので少し面倒なイメージがありますが、基本的な意味は、「意識的に見る」と覚えてよいと思います。

see

seeは何かが見えている、目に入るという意味です。おそらく、seeが一番覚えやすいのかなと思います。視界に入っていればそれはseeであると考えてよさそうですね。例文は、

 What can you see in the cave?(洞窟の中に何が見える?)

 I’m seeing it more clearly. (だんだん良く見えてきています。)

てな感じです。

まとめ

  1. watch   動きのあるものを注視する
  2. look   意識的に見る 
  3. see    何かが見えている

コメント

タイトルとURLをコピーしました