大学生の僕がブログを始めた理由

ブログ

現在私は、大学一年生です。もしかしたら、大学一年生でブログをやっている人は珍しいかもしれません。

なぜ、ブログをはじめようと思ったのかを今回は説明していきたいと思います。まず初めに、ブログを始めた理由を五つ挙げます。

なぜブログを始めたのか?
  • 暇だったから
  • 何かに取り組みたかった(暇だから)。
  • アウトプットをしたかったから。
  • 文章をうまく書けるようになりたかった。
  • プログラミングを勉強していたらなぜかwordpressに行きついたから。

それでは、それぞれについて、説明していきます!

スポンサーリンク

暇だったから

これに関しては、昨年はコロナウイルスの影響で、サークル活動などが少なかったことが理由として挙げられますね。

今は塾講師のアルバイトをしていますが、それでも時間が結構あります。そこで、行きついたのがブログでした。

昨年の春はamazon primeとかNETFRIXとかで時間をつぶしていましたがなんか時間がもったいないなと。

そこで、プログラミングの勉強とかしていたのですが、知識をインプットするだけで終わってしまって、ただの勉強みたいな感じになっていました。

後で、プログラミングの勉強をしていた話については触れますが、ブログを始めた大きな理由として、暇だったという理由があります笑。

スポンサーリンク

何かに取り組みたかった

これは、周りの影響が結構あります。僕の周りには大学生なりに行動している友達がちらほらいました。SNSでそういった活動を見ていて、充実してるな~とかって思っていました。そこで、やっぱり自分も何かやらないとなとなんとなくは考えるのですが、そんな行動力もないので、身近に始められることはないかと考えた末にブログに行きつきました。

ポジティブなエネルギーを発している人を見てるとこっちもなんとなくポジティブになるんだなーと思いましたね!

アウトプットをしたかった

大学の授業で課題、レポートをやっていると、まあまな量をこなしているのに教授との一対一のやり取りでおわってしまっていることに何かもやもやしていました。そこで、自分の考えをたくさんの人と共有するには?と考えた結果、ブログというコンテンツを見つけました。本当に、インターネットって便利ですよね。

どうせなら、自分の考えをインターネットを通じてアウトプットしよう!と考えた次第です。

文章をうまく書けるようになりたかった。

ブログを始める前の話なんですが、大学で3000文字くらいのレポート課題がよく出るんです。そこで、どうしたら論理的な文章を書けるのかと思って、文章の書き方を本で勉強していました。

それを実践するためには、文章を書かなければいけまんよね?

そのアウトプットの場として使っているのがブログです。

論理的な文章を書くことができるスキルは、人に簡潔に情報を与えるスキルにも繋がります。文章を書くことにはメリットしかないですね。

ちなみに、大学でのレポートで論理的な文章を書くために心がけていることについて書いた記事があります。

こちらもご覧ください。

プログラミングを勉強していたらなぜかwordpressに行きついたから。

大学でC言語の授業があるので、C言語の勉強や、HTML、CSS、JavaScriptの学習をしていました。

しかし、それを活かした何かを作るという段階までは見通しがつかなかったので、挫折?というのも違うのですが、中途半端な形で勉強していました。

そこで、書店のプログラミングのフロアでうろうろしていたらwordpressやブログの本の場所に行きついて…

という感じです。

まとめ

ブログを始める理由は人それぞれだと思いますが、僕はこんな感じでした。

暇な大学生はブログをはじめてみてもいいかもしれません!

最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました