【2021年度】どうなる?大学の対面授業

理系&大学

現在、wakkublogの運営をしながらMARCHの理系学部に所属している一年生でーす。

2020年はコロナウイルスの影響で、大学の授業はほとんどオンライン授業でした。

学部、学科によって対面授業の有無は異なるものの、ほとんどの学部、学科で対面授業はほ0でした。

この記事では、大学のオンライン授業にどのような感想を抱いたか一年間オンライン授業を体験した経験と現在のコロナの情勢から2021年度の大学授業はどのようになるか予想したいと思います。

スポンサーリンク

一年間を通してオンライン授業の感想

まず、大学での対面授業を受けたことがないので、オンライン授業と対面授業の比較がすることができません。

よって、オンライン授業のみを一年間受けての感想となります。

目がすごい疲れる

ほぼ、一日中パソコンとにらめっこする日々が学期中は続くので目をかなり酷使しました。

休憩をちょくちょく挟まないと慣れるまではきつかったです。

おかっぱ
おかっぱ

ブルーライト遮断の眼鏡を買うのもいいかも

パソコン操作に慣れるのが大変

レポート、課題の提出がすべて原則インターネット上での提出になるので、慣れるまでが大変です。

科目や先生によってpdfファイルでの提出、wordファイルでの提出など指定してくるので最初の方は気が抜けませんでした。

そのうち慣れてきますが。

また、Zoomでのプレゼンテーションなど操作を覚えることが多いので大変でした。

おかっぱ
おかっぱ

癖の強い先生には気を付けてね

課題の協力者ができづらい

これは結構大変だと思います。

自分も最初は一人で大変でした!

オンライン授業で知り合いができない環境だと、必然的に一人で課題を消化しなければいけません。

サークルやクラスなど何か機会があれば早めに協力者を見つけておいた方がベターですね。

おかっぱ
おかっぱ

友達を利用ばっかりしていると返信が来なくなるから気を付けてね~

時間はたっぷりある

オンライン授業は大変ですが、通学時間がなくサークル活動も制限されているため時間は意外とあります

自分の周りの大学生はバイトと遊びで時間を使うか、将来のためにいろいろな活動をするかに分かれているイメージですね。

ボランティア活動をするもよし、勉強するもよし、遊ぶもよしですね。

まあ、時間の使い方は人それぞれです。

もみあげ君
もみあげ君

大学生活は有意義に時間を使いたいな~。

スポンサーリンク

2021年度 大学の授業形態はどうなる?

少なくとも東京付近の大学では2021年度から大学生になる方は、残念ながらあまり今年と授業形態が変わらないと思っておいたほうがよいかもしれません。

しかし、大学側は昨年の反省からフットワークが軽くなっていると思うので、感染指数によっては昨年より対面授業の数が増えると思います。

はっきり言って、この授業は対面でやる必要ないだろっていうのもあるので、オンライン授業と対面授業を併用するメリットもあると思います。

2021年度の各大学の授業形態の選択は注目ですね。

最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました