理系大学生がおすすめする読むべき本8選!!【暇人必見】

理系&大学
大学生
大学生

大学生になって、時間はあるけどいい本ないかな~?

大学生特有のこんなお悩みを解決します!

本記事の内容

・理系大学生の僕が読んだおすすめの本

・理系の分野に縛られない分野の本

・暇な時間を有益に過ごすためにおすすめの本

この記事では、何の本を読めばいいかいまいちわからない方のためにおすすめの本を紹介します。

以上の内容でお伝えしていきます。

スポンサーリンク

他人がおすすめする本を読むメリット

いきなりですが、他人に紹介された本を読むことのメリットがあります。

その一番のメリットとは視野を広げることができるということです。

なぜかというと、自分で選ぶ本は必ずといっていいほど、自分の好み嗜好に左右されるからです。

よって、自分とは異なる考え方、好みがある人の読む本をセレクトすることで自分の視野を広げることができます。

それでは、理系大学生がおすすめする本を紹介します!

スポンサーリンク

理系大学生がおすすめする本8選!

父が娘に語る経済の話(Talking to My Daughter about the Economy)

いきなり経済についての本です。

理系だからといって、経済に興味がないわけではありません。

理系だからこそ経済について勉強するべきでは?と個人的には思っています。

理系学生のみんながみんなエンジニアになる訳ではないですからね。

それでは、この本の紹介です。

まず、経済に関する基礎知識がなくても分かりやすい内容になっているように感じました。

市場社会に生きる人間は永遠に合理的にはならないんだな~って感じましたね。

読んでいるうちにどんどん引き込まれてあっという間に読み終わってしまいました。

お金って概念はどうやって生まれたの?

市場社会ってどんな仕組みなの?

こんな疑問を持つ方におすすめです!

理系の文章術

理系学生に限らず、文章を書く機会が多い大学生にはとてもおススメです。

他人が読んで分かりやすい論理的な文章を書くためにあなたは何を意識していますか?

もし、この質問にこたえることができなかったら読んでみるべきですね。

「理系の文章術」では論理的な文章をどのように書くのかについて一冊にまとめられています。

分かりやすい文章を書きたい人

理系大学生

CHECKに当てはまる人におススメです!

また、この本については下の記事でもおすすめしています!

予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

今はやりの?行動経済学です!

行動経済学ってなんのこっちゃって人はこちらを参照してください。

マーケティング活動に活かせる行動経済学の基礎知識5選

この本の何が面白いかっていうと、デューク大学の教授である著者のダン・アリエリーが大学の生徒を実験台?にして行動経済学の実験をするんですよ。

すると、その数々の実験でいかに人は不合理な選択をしてしまうのかが明らかになっていきます。

たくさんの実験データを基に書かれている本なので飽きずに読めました。

行動経済学って聞いたことがあるけど結局何なの?

経済についてなんとなく興味がある

こんな人にはおススメです!

伝え方は「順番」がすべて

情報で溢れかえった世の中でどのようなマーケティングの施策を打つか。

これについて、著者の属するゲーム市場をもとに解説されています。

この記事を読んでいる人も、普段生活していて広告に多く出くわしているのではないのでしょうか。

YouTubeとかCMとか。

そんな広告はどのような意図で打ち出されているのか、どのようにして売れる商品をプロモーションしているのかについて知ることができます。

なんか、そんなふうに無意識のうちに誰かの施策にはまっている思うとなんか嫌じゃないですか?

マーケティングについて気になる!

ゲーム業界のプロモーションってどんなの?

おれは誰かのプロモーションの施策にはまりたくない

こんな人におススメです!

東大教授が教える知的に考える練習

【東大教授】というパワーワード。

その時点で興味が湧いてきますね。

そこで内容についてです。

あまり面白くない本だと、二回読むことはないのですが、この本は迷わず二回読みました。

知的に考える練習と題にあるように、「考える」ということに焦点が当てられています。

例えば、頭の回転が速いこと、じっくりと物事を考えることのどちらが大事だと思いますか?

ネットにある大量の情報をどのようにをして処理して考えるのが最善だと思いますか?

このように「考える」という行為について筆者は深堀りしているので、考えることの価値について考える良い機会になります。

・自分の思考のくせを直したい

・問題意識の重要性って何?

論理思考を身につけたい人はぜひおすすめです!!

自分では気づかないココロの盲点【著者:池谷裕二】

この本の著者である池谷裕二さんは脳研究者であり、記憶をつかさどる海馬の研究などで有名です。

私は大学受験の時に池谷裕二さんの「受験の作り方」という本でお世話になりました。

自分では気づかない、ココロの盲点という題名ではどのような本であるのかイメージしにくいかもしれません。

端的に言うと、認知バイアスについて書かれています。

それも、80問の認知バイアスに関する問題を通して人間の脳が無意識のうちに外部から受ける影響について知ることができます。

知識+面白さがこの本には備わっていると思います。

例えば、この本の中でも紹介されているハロー効果を知っていますか?

ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。 光背効果、後光効果とも呼ぶ。

https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-11914.html

ある人が容姿がよかったり、きちっとした格好をしていることと頭の良し悪しは関係ないのに、その人を頭の良い人と評価してしまうと言った感じです。

このような、実生活でも応用可能である心理バイアスについて学ぶことができます。

人間の脳が面白いことに、間違った解釈をしばしばしてしまうことがよく理解できて面白いです。

・人間の認知の仕方の偏りに興味がある

・短時間で本を読みたい

・認知バイアスってなんか興味ある

CHECKに当てはまる人におススメです!

つみたてNISAこの8本選びなさい

つみたてNISAは長期投資に向いた投資信託で、20代の若い世代にも多く利用されている制度です。

なんとなく投資に興味があるという大学生がとっつきやすいような内容になっています。

長期投資なのでリスクが低いことにも触れられています。

・お金の勉強がしたい

・長期投資って何?

・リスクが低い投資なら興味がある

CHECKに当てはまる人におススメです!

東京大学教養英語読本 1 /東京大学出版会/東京大学

英語の感覚を鈍らせたくないという方におすすめなのがこの本です!

同書にある文章は人文系、自然系など題名にあるように大学生の「教養」となる内容の文章です。

比較的、難しい表現が多いですが読み応えのある内容とともに、興味深いものとなっています。

・英語の感覚を鈍らせたくない

・読み応えのある英文に挑戦したい

・だいがくせいとしての教養を身につけたい

CHECKに当てはまる人におススメです!

まとめ

以上で8冊の本をお勧めしました!

気になる本はありましたか?

自分だったら選ばないだろうなって本を読んでみるのも面白いかもしれませんね。

ぜひ、どれか一つ選んで読んでみてください!!

最後までご覧いただきありがとうございます!


大学生はamazon prime studentに登録してコンテンツを楽しもう!!

Amazon Student無料体験の新規登録

あわせて読みたい記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました