【パクリ度合い】イカゲームのパクリ疑惑シーン、演出を比較してみた

雑記

Netflixで話題のイカゲーム。

もう見ましたか?

作品のテーマ性、演出、キャストすべてが話題になっていますが、その中でも波紋を広げているのが、他の作品との類似性について。

ネット上では、「神様の言うとおり」、「カイジ」、「ライアーゲーム」などの日本の作品に似ているのではないかと物議をかもしていたりいなかったり。

わっく
わっく

確かにちょっと似てる

個人的には、イカゲームはイカゲームのよさがあって他の作品とは比べるべきではないと思いますがね。

それでも、「作品」という性質上そのような話題があがることは避けることはできませんね。

そこで今回は、イカゲームの中で出てきたシーンで

「あれ、これなんか見たことがあるぞ」

と感じたものを紹介していきます。

スポンサーリンク

お金がたまっていく容器

イカゲームの中で登場する豚の貯金箱のような456億ウォンがたまっていく容器が「あれ」に似ているなと思ったんです。。。

それが、「アイキューサプリ」のもやっとボールがたまっていく容器に似ている!と思いました。

予告動画の1:21で確認できます。

考えすぎですかね。

こちらが、もやっとの容器

IQサプリエンディング集

発想としては、似ているように考えられるかもしれません。

イカゲームの監督がアイキューサプリを知っているか聞いてみたいですね。

スポンサーリンク

ゲームに行くときの階段

Netflix Japanのツイート 2021/10/15 よりhttps://twitter.com/NetflixJP/status/1449239933160341512

この階段のエリアに似ているなと思ったのは、錯視を用いた画家で有名なエッシャーの「相対性」という作品です。

“Relativity” by Escher

この奇妙で非現実的な感じが似ているな―と思いました。

これは、少なくともモチーフにしているのではないかな?

監督さんに聞いてみたいところです。

だるまさんが転んだ

イカゲームの最初のゲームであるだるまさんが転んだ。

これが、神様の言うとおりの「だるまさんがころんだ」に似ているんですよね。

しかも、神様の言うとおりでもだるまさんがころんだが一番最初のげーむになっているんですよね(笑)

動画の0:05~から確認できます。

まとめ

ところどころ似ているシーンは確認できましたね。

ですが、それを上回る「イカゲーム」の評価、面白さを考えるとパクリ疑惑はどうでもいいように感じられますね。

最後までご視聴ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました